お知らせ

平成30年度先進的な宇宙利用モデル実証プロジェクトの採択結果が発表されました。

内閣府宇宙開発戦略推進事務局が主催する「先進的な宇宙利用モデル実証プロジェクト」において、

公募の結果、平成30年度のプロジェクト6件が採択されました。

http://www.uchuriyo.space/model/

本事業では、衛星データの利活用促進に向け、衛星リモートセンシングや測位情報といった

衛星データの先進的な利用モデルの実証を行います。
実証に当たっては、衛星データを活用したサービスを提供する者と、実際にそのサービスを自らの

事業等に利用する者がチームとなることで、エンドユーザーのニーズを踏まえた真に使えるサービスの創出を図ります。

○実証プロジェクト名

◎実証チーム代表

○アジア太平洋海洋衛星データサービスプラットフォーム構築事業
◎一般社団法人 宇宙利用新領域開拓機構 Space Edge Lab.

○衛星データによる漁業操業ナレッジベース構築と支援サービス事業
◎株式会社エイム

○ 衛星データ時系列変化と登記情報を融合した不動産データビジネス
◎株式会社トーラス

○衛星を利用した定置網漁業向け情報サービスの実証
◎日東製網株式会社

○宇宙ビッグデータを活用したタンザニア農業金融サービス支援実証
◎PwCサステナビリティ合同会社

○衛星を利用した積雪深分布把握に基づく道路除排雪システムの検討
◎国立研究開発法人 防災科学技術研究所

この6件のうち、3件は宇宙ビジネスコートが関連しています。
みなさま採択おめでとうございます。

一般社団法人 宇宙利用新領域開拓機構 Space Edge Lab.・・・その設立を支援。
株式会社エイム・・・ 山口県宇宙プロジェクトにて支援。
株式会社トーラス・・・宇宙利用勉強会等で連携。EoX=プログラム等のイベントに代表取締役木村幹夫氏が出演。