公開シンポジウム「我が国の衛星地球観測計画」

開催概要

日本学術会議では、地球観測の将来構想に関する検討小委員会を設置し、衛星地球観測の現状把握、衛星観測によって生み出された科学的成果と社会的貢献の把握、これに基づく将来の衛星地球観測のあり方に関する提言を作成してきました。

本シンポジウムでは、小委員会による成果を紹介するとともに、内閣府宇宙政策委員会による将来展望、関係省庁、学協会などからの意見とニーズを確認し衛星地球観測の将来計画について多角的に検討を致します。

参加申込

こちらよりお申込みください(定員になり次第締め切り)

日時・場所

日時:平成29年7月18日(火)13:00 ~ 18:00
場所日本学術会議 (日本学術会議講堂)東京都港区六本木7-22-34

主催・共催・後援

主催:日本学術会議地球惑星科学委員会地球・惑星圏分科会
共催:今後の宇宙開発体制のあり方に関するタスクフォース会合・リモートセンシング分科会(TF リモセン分科会)
後援:公益社団法人日本地球惑星科学連合、公益社団法人日本気象学会、一般社団法人日本リモートセンシング学会、一般社団法人日本写真測量学会、一般社団法人水産海洋学会、システム農学会、一般社団法人水文・水資源学会、日本沙漠学会、Future Earth

お問い合わせ

niikura@aori.u-tokyo.ac.jp
新倉英子(東京大学大気海洋研究所)
(お手数ですが、メールのサブジェクトに[公開シンポ]を付けてください。)